Yuiのレプチンダイエット❢ 痩せホルモン!レプチンを出してダイエットしちゃいます。

レプチンダイエット

Yuiのレプチンダイエット❢ 痩せホルモン!レプチンを出してダイエットしちゃいます。

今回はyuiの推奨するレプチンダイエットのお話です。

ストレスホルモンや幸せホルモンなど体の中では様々な働きをするホルモンが分泌されています。

そして、ダイエットを行うときに知っておきたいホルモンが、「レプチン」です。
レプチンとは、どんな物質で、どのようにダイエットをサポートしてくれるのでしょうか?
早速解説しますね。

★レプチンって一体なに?

レプチンとは、体の中で働いているホルモンの一種です。
レプチンは、脂肪細胞から分泌されて、脳まで届けられます。
そして、脳に作用することで、ダイエットに関わる様々な反応を引き起こすんですよ。

★レプチンは「痩せるホルモン」

レプチンは、ギリシャ語の「痩せる」という意味の言葉が由来しています。
名前の通り、体全体に痩せるシグナルを発生させます。

レプチンは、体のエネルギーのバランスを保つ役割を担っています。
具体的には、食べる量とエネルギーを使う量を調整する働きを持っています。

レプチンの重要な働きは次の2つです。

・満腹中枢を刺激して食欲を抑制する
・交感神経の働きを高めて体を活動モードにし、エネルギーの消費を促す

つまり、レプチンは体を痩せ体質にして、肥満を防ぐダイエットの強い味方なのです。

★レプチンで痩せる仕組み

それでは、レプチンは一体どのタイミングで分泌されて、どのようなメカニズムで力を発揮するのでしょうか?

レプチンで痩せる仕組みは次の通りです。

1. 食事で体の中の脂肪が増える
2. 脂肪細胞が刺激されてレプチンが分泌される
3. レプチンは脳の視床下部で受け取られる
4. レプチンを受けとった視床下部は、「満腹」だと感じ取って食欲を抑制
5. 視床下部が自律神経に司令を出し、交感神経を活性化させる
6. 活性化した交感神経が代謝を高めてエネルギーの消費を増やす

★レプチンは血糖値を下げる働きもある

レプチンは血糖値を下げる働きもあるため、糖尿病の治療でも注目されています。

レプチンには、糖の代謝を調節して、血糖値を下げる働きが報告されているのです。
視床下部でレプチンが受け取られると、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞や筋肉などで糖が取り込まれて利用されるようになります。

さらに、インスリンの感受性を高める作用も報告されています。
インスリンの感受性とは、インスリンの働きやすさのことです。
つまり、レプチンはインスリンが働きやすい状態を作ってくれるんですよ。

血糖値が高い状態は、肥満を招きます。
レプチンは血糖値の観点からも、ダイエットに貢献してくれるのです。

★レプチンを効かせるためにはストレスケアが大切

レプチンは視床下部に作用することで、効果を発揮します。

ストレスが強い状態が続くと、視床下部の負担が大きくなって働きが悪くなり、レプチンが働きにくくなります。

レプチンで痩せるためには、ストレスケアで視床下部を元気に保つことが大切なんですよ。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
少しでもご参考になれれば嬉しいです。

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ