Yuiのヘルシースナッキングダイエット❢その方法と成功させるポイント

ヘルシースナッキングダイエット

Yuiのヘルシースナッキングダイエット❢その方法と成功させるポイント

ヘルシースナッキングには、ダイエットを成功させるための正しい方法とポイントがあるんです

ヘルシースナッキングには、ドカ食いの防止や血糖値のコントロールなどダイエットに嬉しい効果がたくさんあります。

しかし、ただ闇雲におやつを食べることがヘルシースナッキングではありません。

ヘルシースナッキングには、ダイエットを成功させるための正しい方法とポイントがあるんですよ。

★おやつで痩せるためにはただ食べるだけじゃダメ!

「おやつを食べて痩せられるなんてラッキー!」とばかりに、大量にお菓子を食べるのはもちろんNGです。

ヘルシースナッキングはおやつを食べることで、1日に食べる合計の量を抑えたり血糖値を急上昇させないことに意味があります。

ただ考え無しにおやつを食べてしまうと、結局食べすぎたり砂糖の摂りすぎで血糖値が高い状態が続いてしまいます。

それでは、太る一方ですよね。

★ヘルシースナッキングの方法と成功のポイント

ヘルシースナッキングで痩せるためには、ポイントを押さえた正しい方法で行うことがとても大切です。

おやつを食べてダイエットするためには、
・食べる量
・食べるタイミング
・食べる内容
の3つのポイントに注意しておやつを食べることが必要なんですよ。

それぞれのポイントごとに正しい方法を見ていきましょう。

ポイント1 おやつは200kcalを目安に3食から引く

おやつを食べる量は、200kcalを目安にしましょう。

正しくヘルシースナッキングをするためには、おやつのだいたいのカロリーを把握することが大切です。
そのためにも、買い物をするときはカロリー表示を確認する癖をつけましょう。

そうすることで、食材のだいたいのカロリーと量を体に覚えさせることができますよ。
200kcalとはだいたい、おにぎり1つ分、板チョコなら半分が目安になります。

おやつで食べる200kcal分は、3食の食事から引くことも忘れないでくださいね。

ポイント2 おやつは午後2~3時の間に食べる

おやつを食べて痩せるためには、食べるタイミングもとても重要です。
おやつは、午後2~3時のまさにおやつタイムに食べるようにしましょう。

体の中では、BMAL1というタンパク質が時間とともに増減しています。
BMAL1には、脂肪を蓄積させて体を太りやすくする働きがあるため、おやつを食べるにはBMAL1が一番少ない時間帯がベストなのです。

このBMAL1が一番少なくなるのが、おやつタイムの午後2~3時の間なんですよ。

ポイント3 おやつはタンパク質と食物繊維が多いものを食べる

ヘルシースナッキングでダイエットを成功させるためには、おやつに食べる内容もとても大切です。
正しい方法は、タンパク質と食物繊維をたっぷり含んでいる食べ物です。

ヘルシースナッキングでは、血糖値を穏やかに保つことが重要です。
そのためには、糖質の吸収を穏やかにする働きのある食物繊維が最適なのです。

また、燃焼しやすい体を作るためには、タンパク質を摂ることも必要です。

ただし、全く糖分がないと、体を太りやすくする遊離脂肪酸が出てしまうので、食物繊維とタンパク質にプラスして糖分を少し含んだものを食べることがポイントになります。

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ