Yuiの体幹トレーニングダイエット❢Vol.03 でっぱりお腹を引き締める体幹トレーニング

体幹トレーニングダイエット

Yuiの体幹トレーニングダイエット❢Vol.03 でっぱりお腹を引き締める体幹トレーニング

★今回はお腹を引っ込めちゃいましょう。(^O^)/

体幹トレーニングはさまさまな部分を引き締めてくれますが、今回はその中でも特に人気の高い、お腹をひっこめる効果のある体幹トレーニングをご紹介します。

実際、体幹トレーニングをすると、短期間でお腹がへこんだ、と感じることが多いです。
これは体幹トレーニングにより、骨盤が正しい位置に戻るからです。

このメカニズムを詳しくみていきましょう。

・体の内側には大腰筋という、腰から太ももにつながる大きなインナーマッスルがあります。
・大腰筋は、上半身と下半身をつないでいる唯一の筋肉です。
・背骨や骨盤を、この大腰筋が支えています。
・大腰筋が衰えると、骨盤が曲り、内臓が下に押し出されます。
・これがお腹ぽっこりの原因になってしまうのです。

そういうときは、体幹トレーニングで大腰筋を鍛えることで、骨盤を正しい位置に、内臓も元の位置に戻し、お腹がへこんでくるのです。
また、鍛えたインナーマッスルは、天然のガードになって、体がでっぱってくるのを抑えてくれます。

★ただし、体幹トレーニングには注意すべき点があります。

使っている筋肉を意識しにくいので、正しいフォームで体幹トレーニングしないと、効果が表れにくいという性質があるのです。

アウターマッスル(外側の筋肉)なら、目で見て意識できますが、内側のインナーマッスルは意識しにくい。
だから、正しいフォームを意識しながら、体幹をしっかり鍛えるトレーニングが重要になってくるのです。

ビギナーでも成功しやすい、お腹引き締めのための体幹トレーニング法をご紹介しますね。

~体幹トレーニング:ニールトゥエルボー~

腹筋運動をするときは、どうしても「何回やったか」を考えてしまいがちです。
そうすると、回数ありきで、フォームが崩れてしまいがちです。

フォームが崩れると、体幹トレーニングの効果はなくなってしまいます。
でも、体格の肘と膝を突き合わせるようにすれば、「正しいフォームでできているか」を意識しやすくなります。
そうしていくと、自然と腹筋と縦方向、斜め方向に使って、刺激を与えやすくなるのです。

①仰向けになって膝を立てます。
手は頭の横に沿えて肘をはります。
②右ひじと右ひざをくっつけるようにして状態をひねり、起こします。
右脚の太ももの付け根からしっかりと持ち上げて、右ひざを上体とくっつけます。
③最初の姿勢に戻ります。
④反対側も同じように行います。
右ひじと右ひざをくっつけるようにして、上体を起こし、ひねって、左ひざは上体にくっつけます。

左右交互にゆっくりと動かすのがお腹引き締め効果を出すポイントです。
・10回で1セット、1日2セット行いましょう。
・体を動かす時は、反動や勢いを使わず、ゆっくりと動かすようにしましょう。
・体幹トレーニングによる腹筋でお腹引き締め効果があるのは正しいフォームを意識すること。
・回数ではありません。
・だから反動や勢いは無意味なのです。

いかがですか?
ゆっくり、ゆっくりでかまいませんからね。
ゆっくり、ゆっくり、じっくりです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
引き続き❝便秘解消とダイエットの相関関係とは?yuiがお答えしますね❢❞をよろしくお願いいたします。
(昔、他のyuiのサイトで書き出した記事があるかも知れないけど、まぁyuiの記事だからいいですよね?リメイクしときますね。)

※このサイトに紹介されてるリンク先は、みんなyuiが直接入塾したり、参加しているコミュニティですので、安心して下さいね。いつでもご参加お待ちいたしております。

1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ピックアップ!

月別アーカイブ